返信先: 風俗ニュース

浜松市デリヘル-デリ突撃 テーマ 雑談総合 風俗ニュース 返信先: 風俗ニュース

#36

熟女デリヘル「生本番」で17億円の荒稼ぎ!鶯谷のラブホ街は“コロナ禍の癒し”になっていた

「生本番、許容店です」
 警視庁にかかってきた1本の匿名電話が、摘発のきっかけだった。
 無店舗型デリヘル店に登録した女性をラブホテルに派遣し、売春行為をさせたとして、警視庁保安課は14日までに、東京都台東区の売春クラブ3店舗の経営者3人と、従業員の男女6人を売春防止法違反(周旋)の疑いで逮捕した。
 JR鴬谷駅周辺に事務所を構える「主婦の火遊び」「パート妻」「見返り美人」の経営者と従業員は、客から電話を受けると女性にラブホテルに行くように指示し、本番行為をさせていた。2014年の開業以降、3店舗で17億円の売り上げがあった。
■3店舗の平均年齢は37歳~45歳
 主婦の火遊びはHPで〈30代から40代の主婦とひと時だけの濃厚アバンチュールを提供する人妻専門店です〉と宣伝。パート妻のHPには〈人妻専門店。色白、敏感、巨乳、グラマー、ドエロ、美乳、清楚、M女〉の文字が並び、見返り美人のHPでは〈人妻デリヘル60分1万円。清楚系奥様、可憐系若妻、濃厚系人妻、30~40代の容姿端麗な素敵な人妻さんが多数在籍〉とうたっていた。
「在籍していた女性は21歳から60歳と年齢が幅広く、主婦の火遊びの風俗嬢の平均年齢は45歳、パート妻は平均37歳、見返り美人は平均44歳です。3店舗合わせて89人の女性が働いていて、かなり安い料金で売春させていた。女性の取り分は売り上げの約6割です。大人数で派手に商売をし、荒稼ぎしていたので、同業者からチクられたのでしょう」(捜査事情通)
 8年間で17億円ということは、1年当たりの売り上げは2億1250万円。なぜそんなに稼げたのか。
「新型コロナの影響が大きかったのではないか」と風俗ライターの蛯名泰造氏がこう指摘する。
「鴬谷の特徴としては30代後半から40代と風俗嬢の年齢層が高い。年がいっている方が親切で人柄も良く、サービスもいいと評判です。不景気になって人の心が荒れると、癒やしを求めて鴬谷に足が向かうのです。風俗嬢に聞くと、男性客の中には、家に帰ると嫁に『男でしょう。しっかりしなさい』となじられ、『妻には弱みを見せられないから、あなたのところに見せに来た』と話す人もいるそうです」
 コロナでつぶれそうになった飲食店や中小企業の経営者が、通いつめるケースもあるという。
■パートをクビになった美人妻が続々風俗嬢に
「いつどうなるか分からない不安を抱え、従業員の前では弱音を吐けないから風俗嬢に甘えるのです。おっぱいを吸ったままスヤスヤ眠る人も多いそうです。かつては利益が出ているデリヘル店でも年間売り上げが1億円でしたから、あの3店は完全な勝ち組です。秘訣は『癒やし』に徹したことだと思います。コロナで飲食店のパートをクビになり、風俗に流れた人妻もかなりいます。友達同士で情報を交換する主婦ネットワークで質の高い女性が集まるようになり、ルックスも性格もサービスも格段にレベルが上がりました。きれいで気立てのいい女性が揃っていれば、リピーターも増えます」(蛯名泰造氏)
 コロナ禍で、鴬谷のラブホテルはさまざまな事情を抱える中年男女が癒やしを求め、与える場になっていた。